35歳初めての育児「ひなたといっしょ」

マイペースで好奇心旺盛,仕事好きな35歳が、妊娠・出産を期に退職。 知らぬ土地に引っ越して専業主婦になる!!

【コニー抱っこ紐使用レビュー】 5か月間使ってみた感想

SNSでよく紹介されているコニー抱っこ紐。

生後3週頃に購入し、5ヶ月間使用してみました。

結論からいうと、現在ひなたさん(約6ヶ月)には使えていません。

3ヶ月ごろから嫌がるようになり、しばらく間をあけて試してみるもやはり嫌がる。今は別のもの(BabyBjorn)を使っています。

コニー抱っこ紐とは

韓国生まれの抱っこ紐。新生児から20kgまで使用でき、新生児インサートなど要りません。200gと軽く、スタイリッシュなデザインが売りの抱っこ紐です。

jp.konnybaby.com

使ってわかった!コニー抱っこ紐のメリット

赤ちゃんが落ち着く

すっぽり覆われるのが心地よさそうで、赤ちゃんが落ち着きます。

2か月未満の頃は、泣いていてもスッと寝てくれるので家の中でも重宝しました。

ただし、寝ている赤ちゃんを布団に下すのには少しコツがいります。慣れれば大丈夫!

抱っこ紐をつけたまま座れる

初めて使用した時に、抱っこ紐に赤ちゃんを入れたまま座れることに感動しました。腰ベルトがなく、もたつかないからかなと思います。泣き止んで眠った後は、ぐっすり眠るまで座ってトントン。

持ち運びしやすい!!

私の感じた最大のメリットは、コンパクトで軽く、持運びがとにかく楽!ってこと。

使わない時さっとたたんでカバンにポンッと入るので、基本車で移動して歩く距離も短い検診や病院に行く際にすごく使いやすかったです。 

洗いやすい

そして丸洗いできるので、頻繁に洗濯できるのも◎。 抱っこ紐の宿命でしょう。ハムハムされてよだれだらけになるのは…。ヨダレカバーなくても大丈夫、使うごとに洗濯機にお任せしてました。

反面、感じたデメリット

暑い

私が購入したのは通常タイプのもの。(メッシュタイプもあります。)使用していたのが主に3月4月なんですが、これですね、春でも暑い。自宅から100メートルほどの距離にあるコンビニに行って帰ってくると、母子ともに汗びっしょりでした。

窮屈

窮屈な感じは、赤ちゃんが落ち着くのですが、親も相当圧迫感を感じます。ピタッと密着するので、ひなたさんが自分で頭を動かせないうちは、前屈の角度が深すぎないか、鼻との間に隙間があって呼吸ができているか心配で何度も確認してしまいました。

3ヶ月頃になってくると逆にフィット感を嫌がるようになったので、使えなくなりました。手足を動かしたり、体を反らしたいのに思うように動かないことが原因かなと思います。(逆に動けるようでは、布がよれて危なそうですが。)大きくてごつい一般的な抱っこ紐は、少しゆとりがあるからか喜んで入っているので、抱っこ自体が嫌なわけではなさそうです。

また、体重が重くなってきたせいか布に触れているひなたさんの膝の裏や足が赤くなってしまいます。私自身も、肩と腰にかかる負担がつらくなってきました。

装着にコツが必要

1~2ヵ月のころは体がグラグラしていることと脚をクロスして入れることに難しさを感じ、首座り後は足を通すために片手で体を支えるのが重たくて難しさを感じました。(筋力なしの腱鞘炎もちです)あかちゃんが、抱っこでしがみついてくれるようになるとマシになるのかもしれません。

 難しいサイズ選び

試着が出来ない上、当時着用レビューがまだ少なかったのでサイズ選びに迷いました。

公式サイトには普段着用Tシャツサイズで、2サイズで迷ったら小さい方を選ぶと良いと書いてあったので、女性の平均的な身長、やせ型の私はXSを選択。

結論は、もうワンサイズ大きいものにすればよかった!

確かに新生児の時のフィット感は良いのですが、2ヶ月頃には窮屈に感じるように。生地の伸びはあまり期待できず、次買うならSか、Mでも良いなと思います。

基本使用する人の体に合わせて購入するので、旦那さんと兼用できません。

私のコニー抱っこ紐紹介

公式サイトで購入しました。

商品代プラス韓国からの送料1000円がかかります。

f:id:u-hinata:20190801231958j:image

可愛い箱に入ってきます。
f:id:u-hinata:20190801231954j:image

中はこんな感じ。

キレイに畳めばとてもコンパクトです。
f:id:u-hinata:20190801231951j:image

シンプルなつくりので、装着する際に迷いません。

ロゴのペンギンもかわいい🐧

f:id:u-hinata:20190801232002j:image

生後1ヵ月ちょいの頃です。すっぽり。

5分もすれば、寝ています。

写真撮る時にずり上がりましたが、本当は腕まで布を広げます。腕の上げ下げは出来るけど、動かせば布がズレて首から肩にかけての負担が増えます。

 今は使えていないコニー抱っこ紐ですが、何と言っても持運びが便利なので、サイズアップしてメッシュ素材のものを購入するか悩みました。

しかし息子が嫌がらないようサイズを大きくし、上半身を出すような使い方をすると安全面が不安なこと、足を入れる際私が子供の重さを支えられなくなってきたことを理由に見送る事に。

再度購入を検討するなら

やっぱり、持ち運びの楽なセカンド抱っこ紐も欲しいなと思うことがあります。

そこで気になっているのがエアリコ抱っこ紐

日本製で助産師さんが考案されたのだとか。手広いですねぇ、助産師さん。

airricobaby.com

あまり使ってる人見かけないけど、持ってるママの評判がいいんです。

3か月から使えるそうです。(頭を支えれば1ヶ月頃から使えるよう)

折りたたんでカバンに入り、丸洗いOK。

コニーと比較すれば少しかさばりそうだけど(想像)、肩甲骨から上が出ているので、ひなたさんも嫌がらないのでは?!(想像)

コニーで失敗したサイズ選びも、購入後8日以内だと無料でサイズ変更していただけるようなので安心。コニーは、ほんとはどんなサイズ感で選べばいいのか(好みでいうならMにする!)いまだに正解が判らないのですが、エアリコはサイズが合っているのかのチェックもしてくれるサポートがある模様。

と、色々書いてみましたが、エアリコは気になってるだけで使ってみたわけではないのであしからず。

まとめ

コニー抱っこ紐は、赤ちゃんが寝てくれることや持ち運びの手軽さから、生後1ヵ月~2ヶ月半くらいまで重宝しました。購入自体は後悔していません

ただ、当初から赤ちゃんへの負担が気になり、5分から10分の短時間使用ばかりでした。

さらに大きくなってくると、窮屈さを嫌がるようになり、私自身も、ひなたさんの重さに装着の難しさや長時間(10分以上)の使用が辛くなってしまったので、現在は別の抱っこ紐を使用しています。

結語:コニー抱っこ紐は、その持ち運びのしやすさやお手入れのしやすさが魅力しかしひなたさんの場合、実際使えた期間が1~2ヵ月間とても短かった。

以上、お読みいただきありがとうございました。