35歳初めての育児「ひなたといっしょ」

マイペースで好奇心旺盛,仕事好きな35歳が、妊娠・出産を期に退職。 知らぬ土地に引っ越して専業主婦になる!!

【内祝い】検討したもの、贈ったもの。

出産御祝いを頂くと、内祝いとして御礼をします。どうせなら喜ばれるものを贈りたい!

妊婦向け雑誌を読んでみると、驚くほどのページ数をとって、御祝い返しの品が紹介されてますよね。種類豊富で素敵なものも多いけど、雑誌に載ってるようなメジャーなものはちょっと・・。

そんな私が検討したもの、実際贈ったものなどを紹介したいと思います。雑誌に載ってたらごめんなさい。笑

内祝いとは

出産祝いを頂いた御礼をする際、「内祝い」の熨斗をつけますよね。身内にあった祝い事のお裾分けという意味があるそうです。御礼とか御返しというとなんかイヤラシイからかな?(え、偏見ですか?)

土地の風習や関係性によって方法は異なりますが、以前は頂いたものの半額程度の御礼をする、「半返し」が主だったようです。

贈る時期は産後1〜2ヶ月迄を目安といわれますが、ママはまだ産後のダメージもあり、毎日の育児にクタクタな時期。ほんと、誰ですかね!そんな早い時期に設定したのは。

今はお互い「御返しなしの御祝い」も増えてますし、私は少し遅れたけど産後落ち着いてからにさせてもらいました。

こだわりの内祝い

お菓子

まずは定番のお菓子。

職場など人数が多いところ、ママパパと同世代の方や、家族の多い方への贈り物に○。甘いものを控えてる方には要注意!

デ カルネロ カステ

f:id:u-hinata:20190830103548j:plain

※画像はHPよりお借りしました。

内祝いって、カステラってイメージがありませんか?

かわいい刻印と、こだわり素材で作られたしっとり美味しいカステラが売りのデ カルネロ カステさん。食品添加物も使っていないのだとか。

産後って、添加物とか素材に敏感になるんですよね。お祝いをくれた方達も子供のいる家庭が多いから、きっと喜んでくれるはず。

このカステラ、有名人夫婦が結婚の引き出物にして有名になりました。

日持ちもある程度するし、甘さ控えめで美味しい。地元にお店があったことから、ひなたさんの内祝いの一部はこちらにしました。

 

公式HP。オンラインストアもあります。↓

https://decarnerocaste.net/

オードリーのグレイシア

花束みたいで素敵!賞味期限も長いし、個包装されてるので食べやすい。ただ、お店はいつも行列が出来ているそうです。正規店はネット販売をしていないようなので、ネットで買うなら転売品。賞味期限とか心配なのでやめました。でも個人的に食べたい。

銀座菊廼舎(きくのや)冨貴寄

時間はかかるけど、名前を入れてもらうことも出来ますよー!

美味しいし、見た目も素敵。

お手頃価格のものから、豪華なものまであるので、予算に合わせて選べるのもポイント。名入りをお願いすると数週間かかるらしいので、候補から外しましたが、時間に余裕があるなら選んでいたと思います。

商品リンクも貼ったけど、こっちらHPで選ぶのがオススメ↓

www.ginza-kikunoya.co.jp

お米

稲穂にたくさん実る様子から繁栄を表す、縁起物のお米。

全く食べない日本人っているのかな?←あっ、GACKT…

大概の方は食べてくれるだろうものだけど、少量炊くのも面倒だし、他のお米にも混ぜたくない…端数でもらうと困っちゃうな〜って感じることありませんか?私はあります。

それが理由で選びませんでしたが、これなら嬉しい「食べ比べセット」!3合ずつ炊けると、ファミリーにはありがたい。

「食べ比べ」ってわくわくしますよね。6種類のおにぎり作っといて、一口づつ食べたい。笑

洗剤

洗剤も毎日使うもの。

あんまり普通だと御歳暮感がでちゃうけど、オーガニックとかのものだと内祝いっぽい。

ただ洗剤は、香りとか洗浄力とか好みもあるので、私は選びませんでした。

 カタログギフト

やっぱり安心のカタログギフト。

贈り先の方に選んでもらえるので、家族構成や食事制限などリサーチ不要

「やさしいきもち。」

お気に入りのカタログは、オーガニック系のものをたくさん取り扱ってて、雑誌みたいなこちら。他のお祝いで贈ったことがあったので、今回却下しましたが。

カタログの難点は、御値段の割には商品が…ってことありますよね。

「やさしいきもち。」は、ネットでカタログの中身が見れるので、確認してから決めるのもオススメ。「カタログの中身をみる」をクリックしてみてください。↓

www.harmonick.co.jp

JCBギフト券

www.jcb.co.jp

地域柄、親戚はギフト券で内祝いを贈ることになっています。

金額が大きくても全て1000円分の券で購入し、紙箱入りで、こどもの名前で熨斗をつけていただくとそれらしくなります。

味気ないけど、いちばん使い勝手いいし、カタログ同様相手のリサーチ不要。金額分そのまま使ってもらえるのは、カタログより良いところですね。

 

今まで、お互い御返しなしで、御祝いのやりとりをすることが多かった私。

今回、職場で頂いたものと旦那さん側の親戚に御返しするもので悩みました。(旦那さん親戚の方は、地元の風習にならって旦那が決めてくれたのですが)

今なら楽しんで選べるけど、産後は余裕がなかったので買いに行くのはもちろん、選ぶことも負担に思ってました。のわりには、雑誌で選びたくなかった矛盾。笑

もし時間があるのなら、妊娠中に目星をつけておく方がよいかもしれません。

 

 

お読みいただきありがとうございました。